前へ
次へ

子どもたちの健康食でのルール

子どもたちは成長期、給食だけでは足りないくらい常に身体はエネルギーを消費しています。
基礎代謝も高く、太っている子どもでも健康体です。
健康食として守りたいルールは、味わうようによく噛むという点です。
咀嚼は大事、50回を目安に噛みましょう。
早食いや大食いは厳禁、身体に負担をかけてしまいます。
また、子どもたちにとって、タンパク質は身体を構成する細胞で、必須栄養素です。
沢山の量を摂取すれば健康になれるのかといえば、一概にはいえません。
タンパク質を制限している人もいます。
健康食なのに減らす努力も必要なのです。
我慢したくないのならば、せめて良質なモノを選びましょう。
子どもたちが食欲不振ということはマレで、食が細い子どもはいます。
食べる量が減る心配がある時には健康食を意識した献立にした方がいいのでしょうか。
炒めたり揚げるより、蒸したり茹でる調理法に変えてみましょう。
間食もうまく取り入れてみれば、臓器に負担もかかりません。

Page Top